取扱い方法と手引き

チェンソーの始動方法

まさかと思われるかもしれませんが、「チェンソーの始動方法」は、チェンソーのユーザーのよくある(または少なくとも頻繁に Google 検索される)質問です。このガイドには、ソーの性能を発揮するためのヒントをまとめました。

チェンソーを始動する適切な方法は 2 通りあります。地面に置くか、チェンソーを両脚の間に挟むかです。どちらの始動方法を選択した場合でも、常にチェンブレーキを作動させる必要があります。チェンソーモデルの多くは、ハーフスロットル位置で始動できます。これらのモデルでは、始動時にブレーキが作動していないとチェンが回転することがあります。

冷機エンジンの始動

  1. チェンブレーキを始動させます。
  2. モデルにデコンプバルブがある場合は押します。
  3. チョークを引きます。チェンソーにエアパージ/燃料ポンプが装備されている場合は、燃料が見えてキャブレターに入るまでバルブを数回押します。
  4. 地上での始動:右足をリアハンドルに入れて、左手でフロントハンドルをしっかりと握ります。両脚でソーを挟んで始動します。両太ももと右膝の後ろの間にリアハンドルを挟みます。左手でフロントハンドルをしっかりと握ります。
  5. 右手でスターターハンドルを引きます。エンジンが点火するまで繰り返します。
  6. チョークを戻し(ハーフスロットル)、チェンソーが始動するまで引きます。
  7. 一度加速させた後、エンジンがアイドリング状態になってから、チェンブレーキを解除します。
チェンソー

ハスクバーナのチェンソーシリーズの詳細

詳細を確認する

暖気エンジンの始動

エンジンの温度が高い場合には、チョークなしで始動します。上記の手順は冷機エンジンの始動方法と同じですが、チョーク操作は省略します。エンジンが始動しにくい場合は、ハーフスロットルにします。チョークを完全に引いて、チョークを戻すことで、ハーフスロットル状態となります。

推奨製品

(24)