購入ガイド

ニーズに最適なチェンソーの選び方

優れたチェンソーとお客様固有のニーズに最適なチェンソーは、大きく異なる場合があります。ハスクバーナは、最適なチェンソーを判断するときに、どの要素が重要になるかを理解しています。

チェンソーは、かつては農家や林業家のツールとして使用されていました。しかし、現在は薪割りから木の伐採、そしてフェンスの作成に至るまで、家庭用として多くの作業に用いられるようになりました。選択できる製品の量も同様の傾向をたどっており、どのチェンソーを購入するかを決めるのが少々難しくなることがあります。そこで、当社は製品のリストをまとめ、一部の混乱を解消するようにしました。販売店に向かう前に、次の質問を自問してみてください。

  • チェンソーの使用経験はどの程度ですか?
  • チェンソーの使用頻度はどれくらいですか。
  • 最も頻繁に切断する木の種類(軟木または硬木)は何ですか。
  • 最も多く伐倒する木の大きさはどの程度ですか?
  • チェンソーでは人間工学特性はどの程度重要ですか。
  • チェンソーに追加の安全機能(TrioBrake(トリオブレーキ)™)を装備する必要はありますか。
  • 手入れやメンテナンスのしやすさはどの程度重要ですか。
  • エアフィルターとスパークプラグが取り扱いやすいチェンソーをお探しですか。
  • チェンの伸縮や交換のしやすさはどの程度重要ですか。
  • 冬期の使用に適したヒートハンドル付きのチェンソーが必要ですか。
チェンソー

ハスクバーナのチェンソーシリーズの詳細

詳細を確認する

サイズの決定

もう 1 つの重要な問題は、チェンソーのサイズです。これは、排気量(cm3)とエンジン出力(hp または kW)によって決まり、寸法を選択するときは次の要素が重要になります。

  • 習熟度と経験。チェンソー作業が初めての場合は、操作しやすい小型のチェンソーをお選びください。チェンソーが重すぎると、腕と手に負担がかかり、長時間使用すると安全上の危険につながります。
  • 樹木の材質と大きさ。大径木、特に硬木を伐倒する場合は、出力が大きい大型のチェンソーをお選びください。小さすぎるモデルを使用すると、チェンソーへの負担が大きくなり、不必要な摩耗につながります。
Chainsaw 560 XP

ガイドバーの長さ

適切なガイドバーの長さは、伐倒木の大きさや作業者の熟練度によって異なります。チェンソーの取り扱いに慣れている場合は、少なくとも異なる 2 つのガイドバーの長さを準備してください。そうすることで、木の大きさに合わせてガイドバーの長さを選択できるようにします。短いガイドバーは軽量なため、枝払い作業の際に取り扱いが便利です。長いガイドバーは大径木に使用します。

4 種類のチェンソー
  • プロ向けソーは、最高の性能と最適な人間工学特性を備えたチェンソーです。長時間または短時間の業務用として設計されており、多くの場合、ヒーター付きハンドルの利用が可能です。
  • オールラウンドソーは、業務用ソーと同じ方法で製造された頑丈なチェンソーですが、性能が若干低く設定されています。これは、木材伐採などの短時間の用途向けに設計されています。
  • 一般向けソーは、チェンソーを頻繁に使用しない人々が家庭で使用するために設計された、小型で使いやすいソーです。
  • ツリーケアソーは、樹木保全を行うプロのアーボリスト専用に開発されました。

推奨製品

(24)