取扱い方法と手引き

見応えあるサッカーグラウンドのための最適な環境整備

サッカーフィールドの硬さは、その上で実施される試合を大きく左右する可能性があります。しかし、ピッチが硬すぎるか柔らかすぎるかは、どう判断すればよいのでしょうか?スポーツターフの専門家であるシメオン・リリェンベルグ氏が、いくつかの基本的なヒントと、世界各地のピッチがチャンピオンシップの試合会場として承認を受けるためにどのような測定をしているかを解説します。

「選手と同じ靴を履いて体感する」

テンポの速い正確なパスには、硬めのサッカーフィールドが必要です。では、ピッチが完璧なコンディションかどうかを知るにはどうすればよいのでしょうか。まずできることは、サッカーシューズを履いて歩き回ってみて、ピッチの硬さをチェックすることです。リリェンベルグ氏は次のように述べています。「選手と同じ靴を履いて、ピッチの踏み心地を体験してください。私がいつもそうするようにしていますし、他の人にも同じことをするように勧めています」次のようにも語っています:「足の下にスパイクを感じる場合は、おそらくピッチが硬すぎます」

数値を知るには「ハンマー」を使え

クレッグインパクトハンマーと呼ばれる道具を使用して、ピッチの硬さを測定する方法もあります。これにより、重力に関する測定値が得られます。垂直ガイドチューブ内の締固めハンマーを固定の高さから落下させます。ハンマーが地面に達すると、精密加速度計が減速度を検知して衝撃値(IV)を計算します。IV が 65 ~ 80 であれば良好、つまりピッチがプレーに最適なコンディションであるとみなされます。「これは、ほとんどのサッカークラブでは定期的に行う必要はありません。しかし、主要大会を開催しようとしているなら、この種の試験を実施することをお勧めします」

Automower sports content - Story 4 photos

ボールが転がる距離を測定する

多くのグラウンドキーパーは、特殊なボールロールランプを使用してサッカーフィールドを確認しています。チャンピオンシップ対応ピッチに関する FIFA の基準を満たすことを目指している場合、ボールは 5 ~ 8 メートル転がる必要があります。転がる距離がそれよりも長い場合は、ピッチが硬すぎることを意味し、エアレーションして散水する必要があります。転がる距離が短い場合は、ピッチが柔らかすぎて、散水を減らす必要があることを示しています。また、芝が高すぎる可能性もあります。また、芝が高すぎる可能性もあります。「スムーズなピッチを実現するには、定期的な芝刈りが不可欠です。芝が常に完璧に刈られ、常に適切な高さになるようにしたい場合は、ロボット芝刈機の購入を検討する価値があるかもしれません」とリリェンベルグ氏は語っています。

跳ね返る高さを確認する

ボールが跳ね返る高さから、サッカーフィールドが硬すぎるのか、柔らかすぎるのかがわかります。約 2 メートルの高さからボールを落とした後、70 ~ 100 センチメートル跳ね返る必要があります。「これもまた FIFA の規則に含まれています。これは簡単なテストで、良い基準です。ほとんどのサッカークラブが満たすよう努めるべき基準だと思います」ボールが跳ね返る高さが 70 センチメートル未満の場合は、ピッチが柔らかいことを示していて、散水を減らす必要があります。跳ね返る高さが 100 センチメートルを超える場合は、ピッチが硬いことを示しているため、先ほどとは逆のことを行います。つまり、より多くの水を与え、エアレーションも行います。また、芝がまばらで、新しい種子を追加する必要があることを意味する場合もあります。「この場合も、Automower™ を使う価値があるかもしれません。継続的な芝刈りにより根が深くなるという科学的根拠があり、これによりピッチが強くなり、耐久性が向上するからです」

Automower sports content - Story 4 photos

必ず選手の意見を聞くこと

選手と話をして、ピッチの状態について意見を聞くことが重要です。結局、私達の仕事はすべて、選手が最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えるためのものです。では、選手はどのような状態のサッカーフィールドを望んでいるのでしょうか?「人によって意見は違いますが、今の選手はほとんどが硬めのピッチを好むと思います。これは、表面がかなり硬い人工芝でプレーすることに慣れているからかもしれません」結論:散水しすぎないこと。一般的にピッチにとってそのほうが良いですし、ピッチが硬くなるほど展開の速い見応えのある試合を楽しめるようになるでしょう。

Automower sports content - Story 4 photos
シメオン・リリェンベルグ氏について
  • 居住地と家族構成:スウェーデンのゴセンバーグの北東にあるノッセブロの小さな町。妻と 2 人の子供。
  • 学歴:スコットランドのセントアンドリュース大学の芝草管理科。
  • 職業:スポーツ用天然芝の専門家。
  • 特別に任命されている職務:リリェンベルグ氏は、スウェーデンの国立サッカースタジアムであるフレンズアリーナでヘッドグラウンドキーパーとして働いています。また、スウェーデンサッカー協会のピッチコンサルタントでもあり、スウェーデンの最上位のサッカーリーグで使用されるピッチの調査と承認を行っています。
  • お気に入りのサッカーチーム:トッテナムホットスパー FC(イギリス、ロンドン)。
Automower sports content - story 1 photos
オンライン予約

ロボット芝刈機の無料相談サービス

オートモア無料相談サービス