RA850, Weed Scissor, Reciprocator Combi Trimmer Attachment
ニュースとメディア

ハスクバーナ・ゼノア 「草刈り・除草ワールド」に初出展

日本国内に拠点を置き刈払機やチェンソー、ロボット芝刈機など、農林業や造園業に役立つ商品を開発・製造・販売している当社は、10月26日(水)~28日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「草刈り・除草ワールド2022」に初出展致します。

当社は、ゼノアブランドより業界初の構造でグッドデザイン賞を受賞した、最大60°の斜面の草刈りに対応する親子式傾斜地草刈機『KHM400W』や、ハスクバーナブランドから新発売した、石飛びを圧倒的に低減するバッテリー駆動のコンビ式トリマ『325iLK+RA850』他、ロボット芝刈機『Automower™450X』、ラジコン草刈機『WM510RC』など、草刈り、芝刈りの省力化・効率化を図る4商品をメインに展示・実演致します。

また、中日の27日(木)には、営業本部GSP推進チームチーフ武田恒道が、『ロボット芝草刈機とICT「全自動草刈り」の時代へ』のテーマで、セミナー会場で登壇致します。

そして、当社ブースへご来場いただいた毎日先着30名様に、ハスクバーナオートモアを模ったUSBメモリスティック(16G)、またはゼノアロゴ入りVictorinoxマルチツールを、お名刺を交換し、アンケートにご回答いただいたお客様にプレゼント致します。

「草刈り・除草ワールド」概要
■開催期間:2022年10月26日(水)~10月28日(金)10:00~17:00
■開催地:東京ビッグサイト西展示棟
■入場料:無料(ただし、招待状、もしくはWEB来場事前登録証をご持参ください)
■主催:一般社団法人日本能率協会
■草刈り・除草ワールドHP:https://jma-agro.com/wsw/
ハスクバーナ・ゼノア株式会社出展概要
■小間:1階西1ホール  小間番号:W1-C09
■展示商品:
【ハスクバーナ】コンビ式バッテリートリマ325iLK+RA850、ロボット芝刈機Automower™450X
【ゼノア】親子式傾斜地草刈機KHM400W、ラジコン草刈機WM510RC
■セミナー:
日時:2022年10月27日(木)14:00-14:40開催ブース:B27-4
登壇者:ハスクバーナ・ゼノア株式会社営業本部GSP推進チームチーフ武田恒道
テーマ:ロボット芝草刈機とICTで「全自動草刈り」の時代へ。草を「刈らない」「集めない」「廃棄しない」を実現

是非、ハスクバーナ・ゼノアのブースへお越しください。ビッグサイトにて、スタッフ一同、心より皆様のご来場をお待ちしております。

展示予定商品のご紹介

4 件
01.
【ハスクバーナブランド】コンビ式バッテリートリマ325iLK + RA850

バッテリー駆動のコンビトリマ325iLKは、10月発売の新商品です。36Vでプロも満足のハイパワーであり、ブラシレスモーターなので静音&長寿命です。先端にバリカン式刈払機アタッチメント RA850を取りつける ことで、安全・スピーディに草刈り作業をすることができます。アタッチメントとの組み立てはカップリングの位置を合わせ奥まで差し込みノブを回すだけです。推奨バッテリーは、BLi200X。36V、5.2Ah のスタミナで、325iLK において、1バッテリーで1時間弱の作業※をすることが可能です。
RA850はシャフト付バリカン式(揺動式)刈払機アタッチメントです。石や異物の飛散が圧倒的に少なく、揺動式なのでバンカーエッジャーとしても活躍します。また大型スタビライザー付きで地面に置いても 刃が浮き、地面をスライドさせ重量負担を軽減して作業ができます。また、駆動部にゴミが入り難い設計で、 耐久性に優れています。

※1 バッテリーの作業時間は作業内容によって変動します。

▼コンビトリマ325iLKの紹介ページ
https://www.husqvarna.com/jp/grass-trimmers/325ilk-torimaatatsuchimentonashi/

▼バリカン式刈払機アタッチメント RA850の紹介ページ
https://www.husqvarna.com/jp/attachments-for-combi-trimmers-and-brushcutters/torimaatatsuchimento-ra850/

02.
【ハスクバーナブランド】ロボット芝刈機Automower™450X

オートモアを一言で言うと、「伸びる前に自動で芝を刈る芝生管理ロボット」です。伸びる前にこまめに刈り、常に一定の長さに草丈を揃えることで、カーペットのような美しい芝生を実現し、芝生管理をめぐる様々な問題を解決します。
オートモア450Xは1日の最大稼動面積が5000㎡±20%。複数の狭い通路、障害物、複雑な地形、最大許容傾斜24°など、大規模で複雑な芝生の課題に対処します。走行スピードが速くなっていますが、超音波センサーを装備し、前方に障害物を感知すると、衝突前に減速します。
GPS内臓で、芝生を常に美しく、健康に保ちます。また、3G通信、Bluetoothが標準装備されており、AutomowerConnect(オートモアをリモートで制御し、どこからでも設定やスケジュールの変更が出来るアプリ)が使用できます。

▼ロボット芝刈機Automower™450X紹介ページ
https://www.husqvarna.com/jp/robotic-lawn-mowers/automower-450x/

▼オートモアの紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=L9i6-QiLusU&list=PL9e5uA_Hwk8AhTvRobZ52JHbr8NlC0cWU&index=3

Automower 450X hero
03.
【ゼノアブランド】親子式傾斜地草刈機KHM400W(通称: ベローン)

ベローンは危険で辛い傾斜地の草刈り作業に活躍する今までに無い全く新しいタイプの草刈機です。急な斜面を下りずに草刈りができるので、安全・安心。埃や刈草にもまみれず、身体的負担も軽減されます。傾斜地の上で親機を操作し、ワイヤロープで繋がった子機で草刈りをします。20度~最大60度の傾斜で除草作業ができます。

※50度~60度での作業時には1m以上の平坦地の確保が必要です。※ウインチの運転には巻上機の特別教育が必要です。

▼ベローンの紹介動画はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=UqzDG2mcMMA

04.
【ゼノアブランド】ラジコン草刈機WM510RC

暑い夏場の草刈り作業は、重労働です。このラジコン草刈機 WM510RCを使えば、日陰からラジコンを操作し、安全に、スピーディに作業が完結します。また、車高が低いため、刈払機では作業が困難なソーラーパネルの下などの草刈りも可能です。旋回性能も抜群で、小回りがきくため、樹木の周りなども刈り残しなく、きれいに仕上げます。草刈りはエンジン、走行は強力なモーターのハイブリッド方式なので、走破性能・草刈り性能ともに抜群。そして、構造はシンプルでメンテナンスが簡単です。果樹園、太陽光パネル、耕作放棄地などの雑草刈りでの省力化・効率化に貢献します。

▼ラジコン草刈機WM510RCの紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=oEIRcjoGtsQ