お役立ち情報:役立つ知識


13. 草刈り機の料金相場と価格による性能の違い

草刈り機は安価なもので1万円程度から購入でき、安いものは軽作業などに適しています。ただし安価な分性能はやや劣るため、本格的な作業にはプロ向けの製品がおすすめです。

 

草刈り機には1万円程度の安価な製品から、10万円を超える高額な製品まで幅広く揃っています。

ここでは草刈り機の料金相場について、動力別と性能の違いを踏まえながら紹介していきます。

 

草刈り機の料金相場とは

まずは電動式とエンジン式のそれぞれの料金相場についてみていきましょう。

電動式草刈り機の料金相場

電動式にはコード式とバッテリー式があり、コード式の草刈り機は比較的安価なものが多くみられます。なかには1万円を切る価格で入手できるものもあり、高くても数万円程度で手に入れることができます。

バッテリー式はモーターの性能やバッテリー容量に価格が左右されることが多く、安いもので3万円程度、高いものでは1セット10万円を超える製品もあります。

電動式・バッテリー式の両方とも、性能を求めるほど価格が高額になっていきます。

エンジン式草刈り機の料金相場

エンジン式の草刈り機は肩掛け式と背負式かによって価格が異なります。

もっとも安価な肩掛け式2サイクルのものは1万円程度から販売されていますが、プロ向けの製品には10万円近いものも。

背負式の草刈り機は5万円程度が相場で、こちらも高価なものでは10万円を超えるため、使用用途に応じたものを選びましょう。

 

草刈り機の料金による性能の違い

草刈り機の相場からどのように性能や用途の違いが出るか、安い草刈り機のメリットとデメリットについても紹介します。

効率性や利便性の違い

草刈り作業をすばやく確実にこなすには、エンジン式、電動式共にハイパワーな機種が役立ちます。プロ仕様の製品ほど時間を効率的に使えます。

一方安い草刈り機は価格の安さに比重を置いているので、利便性や効率性といった点で劣るものの、初心者や簡単な草刈り作業のみであれば十分要件を満たしてくれます。

安い草刈り機のメリットとデメリット

安い草刈り機は手に入れやすい価格帯がメリットで、主に庭の手入れに重宝します。一方、事業者が行う大規模な刈払い作業にはスペックの点でやや物足りない可能性があります。

 

価格以外の面でも比較しよう

草刈り機は価格だけではなく、スペックや扱いやすさ、メーカーの信頼性などにもこだわって選ぶのが正解です。

性能の違いや重量感、手に持ったときの操作性などもよく確認するようにしてください。

 

関連記事

  • Suburban PGE Battery Solutions
    役立つ知識

    19. オノのメンテナンス方法とポイントをチェック!

    オノは、頭~刃の部分は錆びつきを予防しながら定期的に刃を研ぎ、ハンドル部分も油を塗っておくことで長時間美しい状態が維持できます。

  • Composite Axe
    役立つ知識

    18. アウトドアに大活躍!オノの種類とそれぞれの特徴

    斧にはスタンダードな手斧のほか、薪割り用やキャンプ用、大工用など用途ごとに形状や重さなどを変えたものが存在します。用途に応じたスペックの斧を選びましょう。

  • 572 XP Accessories
    役立つ知識

    17. チェンソー作業時に発生しやすい事故と対処法

    チェンソーは取り扱いを誤っての切りつけやキックバックによる事故が多発しており、本体に触れることによる熱傷や高所からの転落にも注意が必要です。