お役立ち情報:役立つ知識


12. 草刈り機の選び方とおすすめの製品を紹介

草刈り機には電動式とエンジン式に分けられ、軽い庭作業には個人向けホームモデルが、大規模な作業にはプロフェッショナル仕様の製品がおすすめです。

 

個人での庭の手入れから業者の大規模な公園整備まで幅広い用途に使われている草刈り機は、刈払機という名称でも知られています。

ここでは草刈り機の選び方と、おすすめの製品についてそれぞれ紹介します。

 

草刈り機は電動式とエンジン式のどちらがおすすめ?

草刈り機は「電動式」と「エンジン式」の2種類に分けられます。それぞれの特長と、使用に適した作業環境についてみていきましょう。

電動式は個人での使用も可能

電動式は電気を動力源として駆動するタイプです。

始動が電源スイッチの為扱いやすく、庭の手入れにも向いています。

バッテリー式は事前に電池(バッテリー)を充電しなければなりませんが、コードがないため引っかかったりコードを切断する心配がなく安全に作業ができます。

エンジン式はパワーが強い

エンジン式はエンジンを動力源として作動するタイプで、ラインナップが豊富でホームユーザーからプロ機まで製品が数多く揃っています。

大規模に作業をする場合や、効率性が求められる作業環境など、使用状況によって使い分けが行われています。

 

おすすめの草刈り機をご紹介

ここからは、チェンソーや草刈り機など野外で扱う農園・造園機器の製造メーカー・ハスクバーナのおすすめの草刈り機を紹介します。

HUSQVARNA 115iL

ナイロン製のカッターを搭載し、軽量で取り扱いのしやすいホーム向けモデルです。伸縮式シャフトと静音設計で、樹木の周囲や壁面、庭の芝生の手入れに適しています。

HUSQVARNA 520iLX

プロ仕様のモデルで、軽量かつ高性能なバッテリーを搭載しており長時間の作業が可能です。

チップソーとナイロンカッターが付属しているので、刃に草が絡んでしまっても自動で取り除くことができます。

226

ローコストハイパワーモデルなので使用者を選ばずホームユーザー~プロまで使用するグローバルモデル。

 

作業環境に適した製品を選ぶ

ハスクバーナではホーム向け・プロ仕様のそれぞれについて製品を揃えており、どちらも軽量化され持ち運びがしやすくなっています。

初心者や個人での使用には電動式が適していますが、事業者や作業環境によってはエンジン式がおすすめ。作業環境に応じて最適な製品をチョイスしてください。

 

関連記事

  • Suburban PGE Battery Solutions
    役立つ知識

    19. オノのメンテナンス方法とポイントをチェック!

    オノは、頭~刃の部分は錆びつきを予防しながら定期的に刃を研ぎ、ハンドル部分も油を塗っておくことで長時間美しい状態が維持できます。

  • Composite Axe
    役立つ知識

    18. アウトドアに大活躍!オノの種類とそれぞれの特徴

    斧にはスタンダードな手斧のほか、薪割り用やキャンプ用、大工用など用途ごとに形状や重さなどを変えたものが存在します。用途に応じたスペックの斧を選びましょう。

  • 572 XP Accessories
    役立つ知識

    17. チェンソー作業時に発生しやすい事故と対処法

    チェンソーは取り扱いを誤っての切りつけやキックバックによる事故が多発しており、本体に触れることによる熱傷や高所からの転落にも注意が必要です。