お役立ち情報:役立つ知識


3. チェンソーの選び方とおすすめの製品を紹介

チェンソーは価格やブランドのほか、操作性・安全性・プロ仕様かどうかなどを確認して選ぶようにしましょう。作業の内容や難易度に合わせて適した製品を選ぶことが大切です。

 

チェンソーには駆動力、重さ、取り回しのしやすさなど製品ごとに特徴があります。価格だけで判断せず、作業環境や作業者の熟練度などからも総合的に適したモデルを選びましょう。

ここでは、チェンソーの選び方のポイントとおすすめの製品について紹介します。

 

チェンソーの選び方

チェンソーの選び方のポイントを解説していきます。

価格・ブランド

チェンソーは安価に購入できるものもあります。しかし安価なものは壊れやすく、安全性に信頼が置けないものもあります。できるだけリスクの少ないものを選ぶのが無難です。

ブランドや製品の事故リスクなどにも注意して、納得のいく製品を選びましょう。

扱いやすさ・安全性

チェンソーには初心者向けからプロ仕様まで幅広い製品が揃っていますが、手に持ったときの取り回しのしやすさ、重量感、安全性などは製品ごとに大きく異なります。

対象物の大きさや作業環境などを把握し、長く安全に扱えるものを選ぶようにしてください。

 

おすすめチェンソーのご紹介

ここからは、おすすめのチェンソーをピックアップしてそれぞれの特徴や金額を紹介します。

HUSQVARNA 120i

 価格 ¥27,800(税抜)~ 
 バッテリー電圧  36V
 質量  2.95kg

軽量かつ扱いやすいバッテリータイプのチェンソーです。細い木の伐採、庭木の剪定からDIYまで幅広い用途に使え、ボタン操作や静音性にもすぐれています。

550XP® Mark II 18RT 72E PX

価格  ¥158,000(税抜)~
 排気量  50.1cm³
 出力  3.0kW
 本体乾燥質量  5.3kg

林業のプロ向けに開発されたチェンソーで、すぐれた鋸断能力と加速性がポイント。長時間の作業も可能で、快適性、制御性、操作性のすべてが備わっています。

T540 XP® AutoTuneTM

価格 ¥108,000(税抜)~
排気量 50.1cm³
出力 3.0kW
本体乾燥質量 5.3kg

最高級レベルのトップハンドルチェンソーであり、造園業や樹木医、アーボリストなどプロの作業に適したモデル。パフォーマンスを最大限に発揮できるように設計されたプロ仕様の製品です。

 

操作性や扱いやすさに注目

チェンソーは価格だけではなく「安全に作業できるかどうか」が重要ですが、長時間の駆動や美しい鋸断などのスペックもメーカーやブランドごとに異なる点に注意が必要です。

製品をチェックする際、目的の作業に向いていることを確認し、安全性や操作性についてもよく確認するようにしてください。

  

関連記事

  • Suburban PGE Battery Solutions
    役立つ知識

    19. オノのメンテナンス方法とポイントをチェック!

    オノは、頭~刃の部分は錆びつきを予防しながら定期的に刃を研ぎ、ハンドル部分も油を塗っておくことで長時間美しい状態が維持できます。

  • Composite Axe
    役立つ知識

    18. アウトドアに大活躍!オノの種類とそれぞれの特徴

    斧にはスタンダードな手斧のほか、薪割り用やキャンプ用、大工用など用途ごとに形状や重さなどを変えたものが存在します。用途に応じたスペックの斧を選びましょう。

  • 572 XP Accessories
    役立つ知識

    17. チェンソー作業時に発生しやすい事故と対処法

    チェンソーは取り扱いを誤っての切りつけやキックバックによる事故が多発しており、本体に触れることによる熱傷や高所からの転落にも注意が必要です。