お役立ち情報:役立つ知識


2. チェンソー購入時の料金相場とレンタルにかかる料金

チェンソーは2,000円程度から30万円を超えるプロフェッショナルモデルまで幅広く揃っており、長時間駆動や安全設計などスペックに応じて価格が変動します。

 

木材の剪定・伐採などに使われるチェンソーは、専門店やオンラインショップなどで購入できます。

ここでは、チェンソーを購入する場合の料金相場や、レンタル料金について紹介します。

 

チェンソーを購入する場合の料金相場は?

チェンソーを購入する場合の料金相場について解説します。

安価な製品からプロ仕様まで

オンラインショップでは2,000円程度で非常に安価で手に入る製品も販売されていますが、世界にブランドを展開しているプロ仕様の製品には30万円を超えるものもあります。

自宅周辺の剪定作業には安価な製品でも問題なく作業できますが、長時間駆動や安全設計、鋸断の安全性などを追及する場合プロ仕様の製品をおすすめします。

電動式かエンジン式か

チェンソーは高い駆動力が持ち味です。
電動式とエンジン式では作動方式が異なり、使用状況に適したものを選びましょう。

電動式は安価なもので2,000円程度から、エンジン式は5,000円~10,000円程度から販売されています。
作業頻度、予算内でチェンソーを1つ購入しておくと安心です。

 

チェンソーをレンタルする場合の料金相場は?

次に、チェンソーをレンタルする場合の料金相場について解説していきます。

製品のスペックとレンタル期間で異なる

チェンソーをレンタルする場合、どの製品をどのくらいレンタルするかによって金額が変わります。1日、もしくは2泊3日など短期間のレンタルほど1日あたりの金額が割高に。

もっとも安価な製品でも、1日レンタルの場合2,000円以上がかかりますが、1ヶ月プランなどは5,000円程度となり1日あたりのレンタル代金がぐっとお安くなります。

 

チェンソーを購入したほうが良いケース

反対に、チェンソーを購入したほうが良いケースを紹介します。

作業頻度が多い場合は購入必須

木の伐採や庭木の剪定、枝落としなどこまめに作業しなければならないケースや、不定期に作業が発生するようなケースでは、いざというときにチェンソーがなければ作業が進められません。

作業頻度、予算内でチェンソーを1つ購入しておくと安心です。

 

作業環境に合わせて検討しよう

チェンソーは、作業環境によってはレンタルで間に合わない可能性があるため、長く使えるものを1つ手に入れておくと安心感があります。

ただし購入後は経年劣化やメンテナンスを行わなければならないので、扱いやすさやメンテナンスにかかる費用も併せて確認しましょう。

 

関連記事

  • Suburban PGE Battery Solutions
    役立つ知識

    19. オノのメンテナンス方法とポイントをチェック!

    オノは、頭~刃の部分は錆びつきを予防しながら定期的に刃を研ぎ、ハンドル部分も油を塗っておくことで長時間美しい状態が維持できます。

  • Composite Axe
    役立つ知識

    18. アウトドアに大活躍!オノの種類とそれぞれの特徴

    斧にはスタンダードな手斧のほか、薪割り用やキャンプ用、大工用など用途ごとに形状や重さなどを変えたものが存在します。用途に応じたスペックの斧を選びましょう。

  • 572 XP Accessories
    役立つ知識

    17. チェンソー作業時に発生しやすい事故と対処法

    チェンソーは取り扱いを誤っての切りつけやキックバックによる事故が多発しており、本体に触れることによる熱傷や高所からの転落にも注意が必要です。