お役立ち情報:製品に関するお役立ち情報


ハスクバーナの防護服:洗濯と補修ガイド

清潔で損傷のないウェアが安全なウェアです。防護服は常に汗や油に触れます。それらが防護層に達して機能が低下する可能性があります。

このため、ウェアはラベルの記載に従って定期的に洗濯する必要があります。汚れがひどい場合は、ウェアを使用後できるだけ早く洗濯してください。
洗濯した後は、干す前に防護服をもみほぐし保護素材を均一に伸ばしてください。その後ゆっくり天日干ししてください。
当社のウェアを清潔に保つと共に、ひどく摩耗した部分や、生地に損傷や引き裂きがある部分がないか確認してください。
外層素材を補修する際は、保護性能が弱まるため、保護素材まで縫い込まないでください。保護素材に影響し、保護性能を弱めるため、補修する際に接着剤を使用してはいけません。
耐用年数ですが、毎日使用するプロユーザーにおいて、使用期間はおよそ12ヶ月と言われています。ノンプロユーザー(不定期に着用)の場合は、最大で5年間使用できます。耐用年数は使用状況により異なります。必要に応じて新しい製品に交換してください。

関連記事

  • 450X
    ニュース

    Automower Connect

    Automower Connectはスマートフォン専用アプリで、いつでも、どこからでもAutomowerTM の状況を知ることができ、アプリからAutomowerTMを操作 (アラーム停止通知, STOP, PARK, タイマー設定など) することも可能です。

  • 565 Campaign image - Siberia
    ニュース

    防護ズボン着用の義務化が始まります!

    厚生労働省より「チェンソー防護ズボンの義務化」について省令が公布されました。2019年8月1日より、チェンソーを使用する業務に携わる全ての作業者の方に、チェンソー防護ズボンまたはチャップスの着用を義務化する内容です。
    林業においては2015年10月より既に義務化されておりますが、今後は造園業や建設業など、チェンソーを業務で使用する全ての業種が対象となります。

  • Range image protective clothes
    ニュース

    ハスクバーナの新しい防護服:保護性と柔軟性を追及して厳選された素材

    ハスクバーナでは、プロが行う林業作業や伐採作業において快適性を決めるものは何か、それをどのように改善できるのか、そして、日々のそれぞれの作業において必要とされる快適性とはどんなものかということについての研究に熱心に取り組んできました。