2021 年 3 月 23 日開催の Living City のハイライト

ログイン。視聴。学び。もう 1 つの Living City が終了しました。知識や洞察をオンラインで共有するために集まったプロフェッショナル、専門家、愛好家の皆様に感謝します。この Living City では、スポーツ会場やゴルフ場の芝の手入れの常識をくつがえす革新的で画期的な開発が注目の的になりました。Living City のもう 1 つの注目イベントの主なハイライトをご紹介します。

データ収集によって芝生の質を向上させるにはどうすればよいでしょうか?

GreenSight は、ゴルフコースや運動場の芝生の質に関するデータ収集を専門とする米国企業です。Green Sight の製品開発担当副社長の Stephen Ohlson 氏は、同社のサービスが品質の改善、コストの削減、持続可能性の向上にどのように貢献できるかについて、興味深い例をいくつか紹介しました。

Robocolf Research:Husqvarna Automower™ の使用による芝生の品質への影響

ノルウェーの NIBIO 研究センターの Karin Juul Hesselsøe 氏は、ゴルフコースのフェアウェイの芝生の品質に Husqvarna Automower が与える影響に関する研究プロジェクトについて述べてくれました。Karin 氏は、プレゼンテーションの中で、プロジェクトの範囲と計画、調査結果に関する最初の考察について説明しました。

スポーツフィールド管理の新たな革新的パートナーシップ

GML Sport AB では、スポーツフィールドの地面の緑化の管理に取り組んでいます。スウェーデンの企業に勤める Kristoffer Palmlund 氏は、業界で直面している課題について紹介し、これらの問題をハスクバーナのロボット芝刈りサービス、新しいビジネスモデル、革新的なパートナーシップでどのようについて解決しているかについて説明しています。

CEORA に関するその他のニュース

ハスクバーナでは、ハスクバーナの次世代の大型ロボット芝刈機の CEORA に関する最新の情報について発表しました。

Stephen Ohlson 氏、Karin Juul Hesseløe 氏、Kristoffer Palmlund 氏とのパネルディスカッション

3 人のゲストがそれぞれのプレゼンテーションに参加した後に、スポーツやゴルフの芝生管理業界についてのパネルディスカッションに加わり、参加者からの質問に答えました。

Living City 2020

自然を取り入れた都市部の設計と持続可能な建物

真に持続可能な未来の緑化都市をどのように創造し、設計しますか?オランダの MVRD で建築、都市計画、造園設計を担当する Winy Maas 氏は、総合的な都市環境の未来の開発について、同氏の構想と取り組みについて説明しています。

HUGSI 2.0 –世界の都市の緑地を定量化

世界の都市はどれくらい緑化されていますか?この重要な質問に対する答えは、HUGSI(Husqvarna Urban Green Space Index)を使用して、60 か国 155 都市から情報を収集し、データを分析することで見つかります。デジタルエコシステムストラテジストの Erik Swan 氏は、これらのデータを分析し、そこから得られた知見から、事業者、経営者、都市全体にとって得られる多くのメリットについて説明しています。

データ収集と持続可能な緑地管理

AGZA(American Green Zone Alliance)では、2008 年以降、アメリカの緑地管理の改善に継続して取り組んできました。創立者兼 CEO の Dan Mabe 氏は、AGZA の世界にハスクバーナ招待し、教育プログラムや認定プログラムを通じて、持続可能で環境に優しい静かなゾーンを緑地管理者が創出するための AGZA の取り組みについて説明しています。

緑地管理における二酸化炭素排出量

化石燃料から持続可能な代替燃料への移行を実現するには、組織経営や都市管理に携わる者が変化に責任を持つ必要があります。そのためには、各組織や都市の管理者が実行できる具体的なマイルストーンを活用した包括的な戦略が必要です。ハスクバーナの環境と持続可能性の責任者である Jonas Willaredt 氏は、二酸化炭素排出量の削減と都市部の環境全体の改善を目指して、ハスクバーナが市場に投入する画期的なイノベーションとサービスについて詳しく説明しています。

ハスクバーナ CEORA

ハスクバーナでは、画期的なイノベーションを通して、緑地管理の改善を継続的に進めています。ロボット製品管理部門のディレクターの Olle Markusson 氏は、緑地管理の世界を簡素化するための最新の製品イノベーションの展望について説明しています。

持続可能な Turf Care as a Service

新しい時代と新たな需要には、新しいビジネスモデルが必要です。カスタマーエクスペリエンス兼マーケティング担当グローバルディレクターの Eric Tinga 氏は、芝の手入れの効率化の近道となる、優れた循環型経済を実現する Turf Care as a Service を発表しました。Turf Care as a Service では、ハスクバーナのロボットサービスソリューションと自動化を採用することで、作業リソースを最適化し、関連するすべての作業の安全性を確保しながら、騒音と排出ガスを大幅に削減することで、作業の二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができます。

ここから何を目指すのですか?

緑地管理の産業を育成する方法は数多くあります。ハスクバーナの Living City では、将来の道筋についてわずかしか言及しませんでしたが、議論や検討が必要なことはもちろん多くあります。このパネルディスカッションでは、講演者が質問に答え、彼らの考えや造園の未来について詳しく説明しました。

repair image

ロボット芝刈機の無料相談サービス

商品の購入を検討する利用者は、登録代理店から機種選定に関する無料相談サービス(登録代理店が利用者の登録住所に訪問し、利用者に最適なモデルを提案するサービス)を受けることができます。無料相談サービスの日時及び詳細な内容は、利用者による申し込み後、登録代理店と無料相談サービスの協議により決定します。