未来の芝刈りは自動走行

プロ仕様のハスクバーナ自動走行システムにより、当社は自動走行性とコネクティビティの新たな一歩を踏み出します。このシステムは、Husqvarna EPOS テクノロジーを搭載した、無人のコネクテッドハイブリッドハスクバーナライダー芝刈機によるロボット労働力で構成されています。大規模緑地のメンテナンス時に、生産性と安全性の両方を改善します。

Autonomous operation

空港のメンテナンスを容易にする

混雑する空港などでの緑地メンテナンスは、困難で時間がかかります。ハスクバーナの自動走行システムは、無人のコネクテッド芝刈機による、大規模緑地メンテナンスに理想的なソリューションです。24 時間 365 日、効率的かつ不眠不休で作業できる持続可能な労働力は、比類のない生産性と安全レベルの向上を実現します。

さまざまなメリット

自動走行機器を使用することで、オペレータは大幅に改善された作業環境でシステムにより作業を準備、計画、実行できます。最小限の労力でメンテナンス可能なハスクバーナのコネクテッド芝刈機は、安全性の向上、作業条件の改善、運用効率の向上、環境への影響の低減に役立ちます。

Autonomous operation

安全性の向上

トラクターによる広大な凸凹の土地の芝刈りは、激しい振動が発生する、骨の折れるやっかいな作業です。無人ユニットに作業を代行させることでオペレータの負担を軽減し、オペレータは他の作業に集中できます。さらに、機器のリモートコンピューター制御により、人為的ミスのリスクを最小限に抑え、運転の安全性が向上します。

Autonomous operation

容易な運転

機械を 24 時間 365 日運転できるため、運転効率が向上します。機械によって作業環境のイノベーションと改善が強化されることで、資格のあるスタッフを引き付け、維持することができます。

Autonomous operation

ビジネスへのメリット

一般的に、自動走行型車両や機械は運転コストとメンテナンスコストを削減し、運転資金の回収に貢献します。また、自社による運用が可能なため、コストの最適化と組織全体の効率化に役立ちます。