記事


樹木伐採のための6ステップ

安全な作業環境と高い作業性を得るためには、樹木を伐採する正しい作業テクニックが不可欠です。

1. 作業計画


チェンソーを用いて樹木を伐倒する場合には綿密な作業計画が重要です。伐倒計画を立て、使用する伐倒用補助具を選定することで、安全な伐倒作業が可能となり、伐倒後の作業も容易になります。まず、その区域に電線、道路、建物のような重大な障害物があるかどうかを検討します。その森林区域を道路が横切っていたり、日常的に多くの人通りがあることがわかっている場合には、警戒標識を配置しておきます。

Planning is key when felling trees

2. 伐倒方向の点検


続いて、伐倒対象の樹木を十分に観察し伐倒方向を決定します。どこにどのような枝があるかや、風向の確認を行います。その樹木の重心位置がわからない場合には、その樹木から離れて、下げ振りなどを使用して確認してください(詳細については情報欄参照)。伐倒方向を決定したら樹木の周りの障害物を取り除きます。さらに、自分の退避経路を作るために、樹木後方の両側約45°でも障害物を取り除きます。

Check the felling direction

3. 枝打ち


伐倒する樹木周辺の障害物を取り除いたら、警戒標識を立て、樹木の伐倒方向を決定し、退避経路を確保します。以上の作業が完了したら、これから行う作業のための十分な燃料がタンクに入っていることを点検します。次に、伐倒作業の邪魔になるすべての枝を取り除いてください。枝打ち作業では下刃を使い、上から下へと切断してください。

4. 伐倒方法の決定


肩の高さまでの枝がなくなったら伐倒を行います。伐倒作業では次の2つの作業を特に注意して行ってください。適正な寸法で均一な厚みのツルを作ります。作業中にガイドバーが挟まれないように、くさびまたはブレーキングバーを入れてください。伐倒方法の選定は、樹木のサイズ、土地の傾斜およびチェーンソーのサイズによって左右されます。

Chainsaw cutting technique

5. 病害の点検


幹の変色や、または幹の下部が膨れているなど、病害の可能性がある場合には、よく注意する必要があります。そのような木は材質腐朽病にかかっていて木部繊維が弱くなっている可能性があります。こういった場合には、その樹木の重心方向に伐倒してください。その方向がはっきりしない場合にはウィンチを使用してください。通常、木の高い位置になると材質腐朽病の症状が治まっているので、切株を特に高くして伐倒することが1つの選択肢となるかもしれません。

6. 道具の選択


樹木を切り倒す際に選択の対象となる伐倒用補助具がいくつかあります。どのタイプの補助具が必要となるかは樹木のサイズによって決まります。最も小さい樹木の場合には、通常、補助具が必要とされません。手の力で十分であり、長い棒で代用することもできます。くさびは様々なタイプのブレーキングバーよりも伐倒時に大きな力を発揮します。これらの方法で対応できない場合には、ロープとウィンチを使用することをおすすめします。それは樹木を伐倒するための最も安全な方法です。様々な道具に関するより詳しい情報は情報欄を参照してください。

樹木の高さの推定方法

  1. 棒を持って、腕をまっすぐ前に伸ばし、その棒の長さが目と手の間の距離と同じになるよう調整します。その棒を垂直に立てて、目と手と棒の先で直角三角形を作るようにします。
  2. 樹木の方向を指しながら、樹木の高さが棒の長さと同じに見えるような距離のところに立ちます。樹木が傾いている場合には、樹木がこちら側にも向う側にも傾いていない方向から測定すると、より正確な結果が得られます。
  3. このようにして得られる自分と樹木の間の距離が樹木の高さに相当します。
Estimate the height of a tree

樹木の傾きの測定方法

  1. 木の幹の上に鉛直線を向けます。
  2. 鉛直線の衝撃点から樹木までの距離を測定します。

伐倒用ツール

足踏みブレイキングバー  足踏みブレイキングバーは、間伐の際に小径木で使用します。 追い口切りが完成する前に、足踏みブレイキングバーを挿入します。 レバーアームの上に全体重を乗せて立ちます。 足踏みブレイキングバーは、折りたたみ式になっているものが多く、ロガーベルトのホルスターに入れて持ち運ぶことができます。
ブレイキングバー  ブレイキングバーは小径木で使用します。 レバーの長さが異なるさまざまなブレイキングバーがあります。追い口切りが完成する前に、ブレイキングバーを挿入します。 リフト効果を最大限にするため、できれば、ブレイキングバーを追い口の一番後ろに挿入してください。 脚と腰を使って持ち上げます。背中は伸ばした姿勢で作業します。
インパクトバー  インパクトバーはブレイキングバーと同じ用途で使用します。 伐倒用くさびを打ち込む打ち具として使用することもできます。
伐倒用くさび   伐倒用くさびは中径木や大径木で使用します。くさびは、追い口切りが完了する前に挿入して、斧またはインパクトブレイキングバーを使用して打ち込みます。 場合によっては、複数のくさびが必要です。 プラスチック製またはアルミニウム製のくさびを使用します。 間違ってくさびを切り込んでしまっても、柔らかい材料のくさびを使用すれば、チェンを痛める心配がありません。
ウインチ  ウインチは、最大限の力と安全性が必要な状況で使用します。 最大限の効果を達成するために、ワイヤーを木のできるだけ高い位置に取り付けます。
Felling tools

関連記事

  • WLC デモイメージ

    2017林機展出展のお知らせ

    ハスクバーナ・ゼノア株式会社(本社:埼玉県川越市、 代表取締役社長 エリック ステッグマイヤ)は、林業の安全および効率化の普及、一般参加者の林業に対する関心・理解を高めるための国内最大の林業イベントである「2017 森林・林業・ 環境機械展示実演会」に出展いたします。

  • 560 XP and Technical extreme

    新型チェンソー2017

    ハスクバーナはプロ用チェンソーのラインナップを拡充し、新たに545/555、562XP®/562XP®G、390 XP® の5機種を発売開始しました。


  • Range image protective clothes

    2017 防護服シリーズ

    ハスクバーナの防護服シリーズ がフルモデルチェンジ!ラインナップも拡充しました。